支援スタッフ

設立経緯

■ サポーティブハウスのスタッフによる、サポート体制

  事務所の窓口は、概ね午前7時〜午後8時頃まで開いています。サポーティブハウスに常駐している支援スタッフが日常生活の相談をするだけでなく、役所や病院、介護機関との連絡をサポートすることで入居者の安心した暮らしを提供することができます。

 また、宿直が1人常駐しているので、夜間であっても緊急対応が可能となっています。



 管理人しか居ない福祉アパートの場合

 大半の福祉アパートは、夕方以後は無人になってしまいます。このことから入居者に対する緊急的対応に不備が出てしまう可能性が高くなってしまいます。また、防犯上の意味でも、24時間体制ではない福祉アパートには様々な不安が残ります。